1981年01月01日

1 中に集う

17・18世紀、イギリスで流行した絵画「家族の肖像
(Conversation Pieces)」は、今日の家族写真の原型である。
それは記録であって、表現ではない。
何らかのヴィジョンや思想をしめす芸術作品ではなく、
共に暮らした人々の思い出である。
そのため、ユニークな技術はほとんど必要とされず、
美術史の潮流からも見事に外されてきた。
必然、まとまった資料やインスパイアされた作品も多くはない。
碩学の人マリオ・プラーツの大著と、そのプラーツ本人の書斎で
撮影されたルキノ・ヴィスコンティ監督の同名映画がなければ、
このジャンルへの関心はさらに低いままだっただろう。
とはいえ、意図しないところにも、知的な興奮は生まれる。
「家族の肖像」が興味深いのは、写真の登場以前に、
カメラを前提としたかのように人々が振る舞ったこと。
技術革新によって生みだされるはずの行動が、
発明を先取りする形で展開された不思議である。
ピンホール・カメラの原理はギリシャ時代にすでに
見い出されていたとも言われる。
しかし、レンズと感光材によるカメラは、19世紀初頭の
ダゲールによる発明を待たなければならない。
つまり「家族の肖像」は、カメラの登場以前に、
その結果をシミュレートしていたのである。

家族-0101


「カメラ」の語源は「カメラ・オブスキュラ(暗い部屋)」
だと言われる。
畢竟、それは「家屋」という空間のメタファーなのかも知れない。
屋根は雨をしのぎ、夜露をさえぎる。
あるいは太陽の陽射しから肌を(紫外線から遺伝子を)守る
ものとして屋根はある。
屋根の下には影が生まれ、家族はその穏やかな闇の中に
つつまれて暮らす。
故に、家族写真の撮影は、そうした構造をなぞる儀式のようにも
思える。
「暗い部屋」であるところのカメラ・オブスキュラは、
その内壁に外界の反転像を映し出した。
カメラを家屋とみなせば、その中に家族が集うのも道理なのだ。
外から見れば、カメラのレンズは暗闇への入口である。
一方、カメラの内部においては人工の太陽となる。
レンズは、表と裏で180度振る舞いを変える、
宮廷道化師を想起させる。
だからこそ、人々は彼に向かって笑うのだろうか? 
撮影される者の体は光の束となり、レンズをめがけて
流れ込んでいく。
互いの距離を極限にまで縮めるその現象こそ、
彼らを共同体として自覚させるダイナミクスに他ならない。
「孤独は災いなるかな。堕ちれども助くる者なし」。

家族-0102
posted by カズキ at 21:16| 『家族の肖像』 表象論